和訳聖書発祥の碑

1832年三重県の鳥羽から江戸へ向かう途中、遭難してアメリカワシントン州へ漂着した小野浦の千石船『宝順丸』の乗組員、音吉、久吉、岩吉の3名が、異境を放浪中にドイツ人宣教師ギュツラフと協力して、世界初の和訳聖書を完成させたという顕彰碑が建立されています。

和訳聖書発祥の碑
和訳聖書発祥の碑
20161005_103027
20161005_103027
20171006_114022
20171006_114022
20171006_105816
20171006_105816

アクセス

住所:愛知県知多郡美浜町小野浦

料金:拝観無料

駐車場:5台

問合せ先:0569-83-6660